IMG_0618

 

 

 

 

 

 

 

鹿の生態

駆除の名目とはいえ間違った方法で
流通してしまっている蝦夷鹿の事を
少しでもお伝えしたくて
説明させていただいています。

 

そもそも
駆除
にどうしてなるのか?

 

それは、私たち人間の里や村に
山から下りてきて悪さをするからです。

 

でもこれだけ多く駆除の鹿が出てくるのは
少しおかしいと思いませんか?
イノシシやクマも
駆除の目的で捕えていますが
蝦夷鹿ほど多くはありません。

 

蝦夷鹿の異常発生
という事もありますが
駆除する量というか
本当に多いんです。

 

その訳は鹿の生態に答えがあります。

 

鹿は群れをつくり群れで行動する動物です。

 

群れが一つの国を作り
その中で鹿達は生活をしています。

 

分かりやすく語りますと、
猿と同じです。

 

猿は強いリーダーの猿が
ピラミッドの頂点にいて
餌を初めに食べられる権利を持ちます。

 

リーダーの下にはメスがいます。
メスの下には子供です。

そして子供の下に
リーダー以外のオスがいます。

 

リーダー以外のオスにもランクがあり
より上に近いオスは餌にありつけるが
下になると、、、
お察しのいい
あなたは分かったと思います。

そうなんです。

 

 

里に下りてきて悪さをするのは
鹿コミューンの下のランクの鹿なんです。

 

上記にも書きましたが、
このピラミッドは餌を
取れる順番ですよね?

 

ピラミッドの下に行けば行くほど
餌にはありつけないです。

 

しかも異常発生もしているし、、、

 

つまり餌に困り果てて、
人間が作った物などを
食べようとしていたのですね。

 

 

餌に困り果てている
鹿を駆除の名目で
殺処分する
↓↓

殺処分もお金が掛かるから
レストランやホテルに売る。
↓↓

レストランで鹿を調理する。
料理人の腕にもよりますが
美味しくするのが難しい。
↓↓

お客様の口に入る。

 

 

このような流れです。

 

 

生命力のない蝦夷鹿を
どう調理しても
美味しい訳がありませんよね。

 

だってガリガリですよ。

これが駆除の実態です。

 

蝦夷鹿の本当の味

 

当店では蝦夷鹿はハンターさんから
送ってもらっています。

 

それも私が注文したら
ワザワザ山に入ってもらって
蝦夷鹿を獲ってもらっています。
当店では蝦夷鹿自体に
更にこだわりがあります。

 

それは、2歳、3歳のオスの鹿か
3歳、4歳のメスの鹿に限定しています。

 

そして丸状態で入荷します。

ま〜足はさすがにないですが
首から尾っぽまでです。

 

それを当店は熟成させて使用しています。