究極の和牛赤身肉をご存知ですか?

 

食べたお客様「満足度95%」の赤身肉

あなたも和牛に対しての常識が変わります!

 

 

和牛赤身肉ステーキ専門店

熊本県 あか毛和牛
高知県 土佐あか牛
岩手県 短角和牛
…など

 

脂身がギッチリな霜降り肉ではなく
日本全国より厳選して入荷した
和牛の赤身肉をステーキとして
お出ししています。

 
その中でも国内の赤身肉人気の先駆け
とも言えるあか毛和牛(通称あか牛)
をオススメしています。

 

 

当店では開店以来。

店主が「あか毛和牛」の旨さに惚れ込み
その中でも熊本県産と高知県産の和牛赤身肉
使い続けています。

 

そして国内の生産や出荷数が少ないといわれ、
大変希少価値の高い和牛赤身肉を特別に
分けていただいている都内でも扱いが少ない
貴重なお店の一つです。

 

当店がなぜここまで和牛“赤身肉”をオススメするのか?

 

和牛肉の赤身というだけでも希少ですが
オススメする理由の一つには肉自体の旨さがあります。

 

外国産の赤身肉は誰が飼育しているのか判らないだけでなく
肉自体も硬く旨味も乏しいです。

対して
熊本県産の「あか毛和牛」や高知県産の「土佐あか牛」
そして岩手県産の「短角和牛」は同じ赤身肉なのに柔らかく、

和牛としてのジューシーさ肉汁のコク、旨味があります。

 

そして、トレーサビリティーもあるので
誰が飼育したのか知ることもできます。

 

同じ和牛である黒毛和牛も品質はいいかもしれませんが
近年の健康ブームで霜降り肉を食べられない
胃にもたれる、そもそも肉の味がしない…
肉を食べるには物足りないと感じるようです。

 

それに肉自体あか毛和牛と比べても
黒毛和牛には肉の旨味はありません。

 

唯一あるのは噛まなくても食べれる程度です。

 

当店でお出ししている和牛赤身肉は口に入れて噛みしめるほど、
お肉本来の旨味ともいえる肉汁がジュワーッと広がります。

 

赤黒和牛の比較

国内で飼育されている黒毛和牛は国内で
およそ1.800.000頭に対して赤毛和牛は24.500頭程度です。

1,000gの「黒毛和牛」塊肉があるとすると
わずか13gが「あか毛和牛」の飼育量となります。

 
 

 
 

実際に当店で赤毛和牛を召し上がられた感想です。

30代男性:おいしかった!!赤毛和牛 Y.S様

・50代女性:赤毛和牛の美味しさにビックリしました。

・30代女性:今回で2回目ですが満足です。T.K様

・40代女性:赤身のステーキ、とてもおいしかった。s.k様

・50代男性:フレンチって聞いた時堅苦しいと思ったけど、
 ここは美味しいお肉を出してくれるお店で
 そのお肉(あか牛)美味しさには驚きました。H.K様

・40代女性:火入れgood!、ワインgood! K.M様

 

まだまだ多数のお客様から喜びの声をいただいています。

お客様からの声

 

 

当店のメニューを詳しく知りたい方は
下のボタンをタップしてください。

 

 

 

電話でのご予約はこちらからお受けいたします。

03-6721-6910

 

インターネットのご予約はこちらからお受けできます。

 

 

メディア掲載

YOMIURI ONLINE、グノシー、SankeiBizSANSPO.COM
FEELY、朝日新聞デジタル&m、Infoseekニュース、Mapionニュース、Bizloop、
サーチ起業SNS、@nifty ビジネス、BIGLOBEニュース、bizocean、excite.ニュース
MarkeZine、zakzak 、財経新聞…など 雑誌掲載多数…

 

雑誌テレビ関係の一部を掲載