和牛赤身肉専門クニオミです。

 

せっかく良い肉を仕入れたのに

「合わせるソースはどうしよう」と
困ったことはありませんか?

 

香ばしく焼き上げたステーキに
相性の良いソースは欠かせません。

 

そんな時、牛肉、鶏肉、豚肉
どの肉とも最高に合わせやすい
ソースがあります。

 

とても濃厚な味わいなので
ワインやパスタ、バケット
一緒に食べれば豪華になります。

 

もし、あなたの家の冷蔵庫に
食べ残しのチーズがあれば、
絶対に捨てないでください。

ワインやお酒のおつまみとして
買ったけど、臭いが強いチーズの
冷蔵庫の食べ残し

どうしたらいいか・・・
もう迷う必要はありません。

 

そんな時にカンタンで美味しい
チーズの活用法や、濃厚ソースの
美味しい作り方など
ご紹介します。

 

強烈なチーズほどクセになる

 

カマンベール、ゴルゴンゾーラ、パルミジャーノ・・・

 

ワインやビールにぴったりなおつまみとして
だけでなく、チーズを使ったピザやパスタ、
グラタン料理。

 

子供達のおやつとしてもチーズは
世代を問わず人気があります。

 

定番のチーズも美味しいんですが
近頃はスーパーの食品売り場に
特設コーナーがあったり

 

ネットショップでも世界中の珍しい
チーズが購入できるようになりました。

 

おしゃれなフランス語で書かれたものや
山羊のチーズなど、いろいろ眺めているうちに

 

「これって、どんな味がするのかな?」
つい好奇心で2〜3種類よけいに
冒険して買ってしまう…なんて経験ありませんか。

私も誘惑に誘われるまま
買い込んでしまった経験があります。

 

ワインを飲みながら自宅のテーブルに
並べるのですが、じつは案外チーズって思った
よりも一度にたくさん食べれないんですよね、、、。

 

過去にやってしまった経験の中には

 

チーズを半分以上も残したまま
冷蔵庫に入れておいたらプラスチックみたいに
硬くカチカチに乾燥していたことや、

 

1週間くらい放置していたチーズが
熟成が進み過ぎて思わず

「くっさっっ!」とのけぞってしまうくらい
匂いが強烈になっていたり、、、

 

塩分が強過ぎて食べきれなかった、
ということがあります。

 

あとから知ったのですが
チーズは意外と繊細な食べ物。

 

作り方によって種類ごとに保存方法や
取り扱い方が違うようです。

 

店頭に並んでいる時点で、ちょうど
良い食べ頃になっているのことが多いため
買ってきたチーズは、できるだけ早めに
食べきるのが正解でしょう。

 

でもサイズが大きいものもあり
なかなか一人では食べきれません。

 

かといって結構いいお値段がする
チーズを捨てるのは勿体無く感じます。

 

食べ残しチーズは冷凍へ

そんなときオススメの方法は

食べ残したチーズは
「全部まとめて冷凍保存」することです。

 

捨てるなんてもったいない。

 

冷凍しておけば、熟成が進むこともありませんし
様々なチーズのくずを使って再利用すれば
おどろくほど簡単にトロ〜っと
濃厚なチーズソースが作れてしまいます。

いつでも好きなタイミングで、
冷凍庫からチーズを取り出してパッと作れる
ソースを知っておけば非常に便利です。

 

記念日やクリスマス、お正月にも
ステーキと余ったチーズ合わせれば
ごちそうとして振る舞えます。

 

そのほか、

このソースを茹で上げたペンネに絡めても
濃厚でクセになるパスタ料理が作れてしまいます。

 

そのほか同じ要領でリゾットや
オムライスにかけてもレストランのように
見栄えが良く大変に優秀なソースなんです。

 

食べてみるとびっくりな美味しさで
チーズ好きには病みつき度の高いです。

 

濃厚ソースの作り方をキノコを加えた
ステーキ肉と合わせてご紹介します。

 

ステーキに合わせるチーズは選び方が大事

 

濃厚でクリーミーなソースを作るときに
注意することは選ぶチーズを間違えないことです。

 

大事なのは加熱してソースに解けるもの
使用する必要があります。

 

「見た目でわかるの?」と不安に
思うかもしれませんがむずかしい話ではありません。

 

チーズは加熱して溶けるナチュラルチーズと
溶けないプロセスチーズの2つに分かれます。

 

溶けるナチュラルチーズを使用してください。

 

私たちがよく知るチーズのほとんどは
ナチュラルチーズです。

 

乳酸菌や酵素の働きで熟成し加熱と
同時に溶け始め糸を引くようなとろみ具合
になります。

 

反対にコンビニでも売られているような
ベビーチーズやさけるチーズなどの
プロセスチーズと呼ばれる種類では
いくら火にかけても解けません。

 

プロセスチーズというのはナチュラルチーズを
再加熱してさらに乳化剤を加えて固めているため
簡単には溶けない構造になっているんです。

 

ソースに加えてもダマダマになるだけ
一体化しないので気をつけてくださいね。

 

 

牛肉のステーキには少し強めのチーズがオススメ

今回使用する冷凍チーズは
・ウォッシュチーズ:7割
・パルミジャーノ:2割
・ミモレット:1割

 

ウォッシュタイプのチーズは
その名前の通り、チーズの表面を塩水やワイン
ブランデーなどで何度も洗い菌を繁殖させて
作るチーズです。

 

中身は柔らかくて食べやすいのですが
外側の匂いがキツくてクセがあります。

 

ですが、その外側の匂いがキツい部分も
生クリームと合わせてまろやかなソースとして
無駄なく使うことができます。

 

牛肉のステーキに合わせるため、
少し強めのチーズ
にしたほうが
お肉と良く合うと思いウォッシュタイプを
多めに入れています。

 

他にもブルーチーズなどの
青カビ系もよく合います。

 

オレンジ色のミモレットチーズ
からすみのような旨味があるので
ワインのおつまみとしても最高ですが・・

 

チーズソースの味の引き立て役として
少し加えると、深みが増してオススメです。

 

では作っていきましょう。

ステーキに合う濃厚チーズソースの作り方

用意するもの

<材料>
・冷凍保存しておいたナチュラルチーズ(常温も可)
・白ワイン
・生クリーム
・玉ねぎ
・にんにく
・バター

・お好みでキノコを入れると風味が増します。

小鍋でバターを溶かし、玉ねぎを
しんなりするまで炒めます。

 

にんにく、キノコも加えて、水分が出てきたら
白ワインを入れて煮詰めます。

 

アルミホイルや蓋をかぶせて蒸らすように
火を入れて、野菜の甘みや風味を十分に出します。

生クリームを加えてさらに煮詰めます。
3分の1ほどクリームが煮詰まったところで

チーズを少しずつ加えていきましょう。

 

溶けやすいようにあらかじめチーズを
細かく切っておきます。

完全に混ざってからチーズを少し加えて溶かす、
という作業を3〜4回繰り返しソースの濃度を
加減しながら煮詰めます。

 

最後に塩と胡椒で味を整えて
チーズソースの完成です。

 

ステーキを焼いて出来上がり

次に牛肉のステーキを焼いていきます。

ステーキが焼けて香ばしい匂いがしたら、
お皿に乗せチーズソースを上から
たっぷりかけて完成です。

ステーキの肉汁とチーズの香りがフワーッと
口の中いっぱいに広がり、クセになる濃厚さです。

 

食べ応え十分な豪華な料理ができました。

 

このチーズソースは、茹で上げたペンネ
絡めるだけで、濃厚パスタ料理になります。

 

そのほか同じ要領でリゾット
オムライスにかけても、レストランのように
見栄えが良くとても便利なソースですよ。