和牛赤身肉専門クニオミです。

 

サーロインステーキがメニューにある
レストランに食べにいくと、高額なことに
驚かれる人も多いと思います。

 

そうなんです。

 

ステーキの中でもサーロインという部位は
最高級の部位です。

 

どこのお店でもサーロインは
高い肉の部類に属しています。

 

ステーキが高級とか贅沢、ごちそうと
言われるのも全て。

 

「サーロインステーキ」「ヒレステーキ」
を基準に考えているからです。

 

最近では、今まで高い肉と言われていた
サーロインステーキをかなり低価格で
メニューに載せているお店も出てきました。

 

もともと、サーロインの価値が分かる人
にとっては破格です。

 

どうしてサーロインはステーキの中でも
高い肉なのかを出来るだけ簡単に
秘密を明らかにするので、
最後までお読みになってください。

 

サーロインは牛肉だけの呼び方

意外かもしれませんがサーロインという呼び名は
牛肉に限定した呼び方です。

 

当たり前のことですが
サーロインの肉は牛肉だけの部位だけではありません。

 

例えば、仔羊や鹿、山羊など4本足の動物には
必ずある部位です。

 

ちなみに、仔羊肉ではサーロインとは
呼ばずに英語だと「ストリップロイン」
と呼んでいます。

 

フランス語だとセル・ダニョーと言います。

 

では、他のお肉も牛肉のサーロインのように
高い贅沢な肉なのか?

 

というと。

 

4本足の中でも牛は一番大きいので
必然と高い贅沢なお肉になります。

 

例えば、仔羊や山羊などは4本足ですが
牛ほど大きな体ではないので、
当然サーロインの部位は
小さくなります。

 

調理方法にもよりますが、牛肉ほどの
大きさはないのでサーロインだけを調理しても
牛肉ほどの人数分を取ることはできません。

 

フレンチやイタリアンだと牛肉以外の
サーロイン肉を使うときは2〜4人前程度
もしくはボリュームを減らしてコース料理
使うことになります。

 

牛肉ですと仮にサーロインステーキのグラムを
ワンポンドとかにカットしても、数人前は十分に
取ることができます。
※片側のサーロインでおおよそ7キロ前後
その分1頭あたりが高額となる

 

同じ4本足ですが、牛だけは特殊
と知っておいた方がいいかもしれませんね。

 

サーロインを元に肉の値段が決まる

サーロインが高額というよりも肉よ良し悪しを
国内で流通している牛肉はサーロインを見て
判断されています。

 

もし、牛肉が仔羊肉などの大きさであれば
サーロインの部位だけ劇高になることは
ありません。

 

なぜなら、他の部位も人気があり
サーロインよりも食べ応えのある部位が
たくさんあるからです。

 

しかし、牛肉になると話は変わります。

 

牛1本分(枝肉分)の衝撃の価格

 

冒頭でも説明しましたが牛の枝肉(和牛)ですと
小さくとも1頭あたり400キロを軽く超えます。
(和牛です)

枝肉の400キロが仮にキロ2000円だとして
ざっと計算すると800,000円になります。

 

80万円を、例えば牛の部位全て均一に
値付けをすると、人気のあるステーキ用の
サーロイン肉に注文が殺到します。

 

そうするとどうなのか…。

 

サーロインやヒレなどの人気の部位ばかりが
売れていくことになり、スネやバラなど
煮込みやひき肉にしなければ
食べることができない部位ばかり
売れ残ってしまいます。

 

サーロインは貴重な部位

1頭の牛から取ることができる
サーロインは2本しかありません。

 

この2本(約14キロ)で日本全国の
ステーキ好きの方の胃袋を満たそうとすると
とてもでないけど、足りません。

 

だから、人気部位であるサーロインは貴重な部位と
いうことになるのです。

 

人気部位ばかりに注文が殺到してしまうと
残っている部位が多くなってなってしまい
飼育されている方も困ります。

 

そこで、考え出された方法が
牛肉の部位によって価格を分けることでした。

 

サーロインやヒレ肉は人気が高いので
当然、仕入れ価格も高くなります。

 

ステーキとして食べることができない
スネ肉やバラ肉なども注文が入るようになるので
1頭の牛を余すことなく使うことができます。

 

これは裏話なんですが、牛肉の競りを行う
卸売業者さんは、枝肉を購入するときに
出来るだけサーロインの肉付きが良い
肉を選ぶそうです。

 

そのほうが、サーロインを売るときに
販売価格が大きくなるからです。

 

以上のような理由で、肉の価格が
決まってしまうようです。

 

肉の値段を決めるのはサーロインなんですね。

 

サーロインステーキは贅沢な食べ方

サーロインを基本に肉の価値が決まってしまうので
この肉を食べることは何よりも贅沢
と言われるのは理解できます。

 

サーロインは肉好きの人にとって
とても価値のある部位なんです。

 

同じ牛肉でもサーロインステーキと
ハラミステーキランプステーキだと
食べ方は同じでも贅沢度が違います。

 

だとすると、サーロインステーキは
やはり特別なステーキ肉なのでしょう。

 

まとめ

スーパーに並んでいる牛肉やお歳暮や
ECショップにあるステーキ肉の価格が
同じ牛肉であっても違う理由は
理解できましたか?

 

パッと見。

 

同じ牛肉なのに、部位によってあまりにも価格が違う
と思う方も多いでしょう。

 

しかし、人気のある部位ばかりに集中してしまうと
限りある資源を無駄にしますし、もしそれを
許してしまえば世の中がおかしくなります。

 

もし、サーロインよりもスネ肉の方が
人気が集中すればもしかしたら、
サーロインやヒレ肉の価格が
下がるかもしれません。

 

何れにしても、
1頭の牛から取れるお肉は決まっています。

 

できれば、部位にあった調理方法で
美味しく食べたいでですよね。

 

これは食べた方がいい!オススメのステーキ部位

 

私もこれからはサーロインステーキだけを
食べるのではなく、ランプステーキ
食べようと思いました。

 

ちなみに銘柄和牛のサーロインはこのくらいします。

ランプステーキは銘柄和牛のサーロインの
ような味わいを残りながら価格は
抑えめなのでオススメです。

 

同じ銘柄和牛なのにこれだけ価格が違います。

 

【最高級A5等級】 神戸牛ランプステーキ  200g
(ステーキ2枚) (神戸ビーフ・神戸肉)

 

美味しい肉ライフをお過ごしください。

 

 

ここまでお読みいただき

サーロインは高くてちょっと手が出ないよ!

という方はウチモモ肉のステーキは
ピッタリのご馳走になります。

 

職人の赤身肉火入れステーキです。

取り寄せてみたいという方はコチラをご覧になってください。

極上の赤身肉が気になる方は(画像をクリック) 
↓↓↓