もしかしてあなたも騙されているかもしれません・・・

 

じつは本物の赤身肉を提供している飲食店は少ない

 

近頃、赤身肉の人気に乗っかりニセモノが多く出回っています。

 

あなたが焼肉店で食べているその赤身、ホンモノですか!?

今回はホンモノの赤身肉の見分け方や部位による種類などお伝えしていきます。

 

日本人にとって肉と言えばやはり牛肉!

 

昔から焼き肉や厚切りステーキはご馳走として喜ばれてきました。

 

今までは黒毛和牛のサシ(脂)が入った柔らかいお肉が

ダントツの人気でしたが、最近では健康を意識したサシの少ない

赤身肉をあえて選ぶ方が増えています。

 

ですがその人気に乗っかって、とにかく何でも赤身と言って

提供しているレストランが急増中。

 

私たちも同業としてとても恥ずかしいと思っています。

 

先日あるお店で牛タンを赤身と称しているお店もありました。

 

牛タンで赤身なんてあるの?

と思ったあなたは素晴らしい活眼をお持ちです。

 

焼肉屋や韓国料理屋などで出てくる人気の牛タンですが
牛タンは肉ではなく内臓に属します。

 

このように赤身でもないのに
お客様を偽っているお店が増えています。

 

ひどいお店では牛の他の内臓も平気で赤身肉と言っていたり
見るからに脂ギトギトな肉を”ヘルシーな赤身”と称しています。

でもこれって同業の飲食店だけではなく
私たちにお肉を提供しているお肉屋さんも同じなのです。

 

専門的な知識は必要ないとは思いますが
肉屋、飲食店共に情報を偽りすぎだと感じています。

 

なぜこのようになってしまったのか?ということなんですが
恥かしながら外食業界自体が今や苦しい経営をしている所が多いです。

 

ブームに少しでも乗れば儲けることができる…などと甘い考えがある
お店や会社がさも赤身のように言っているだけなのです。

 

本当に残念なことに赤身と書いておけば売れる
思い込んでなんでも赤身にしている
同業の飲食店を見るととても悲しく感じます。

 

この記事をお読みになり本当の赤身の知識を身につけて
もう世間に惑わされないでほしいです。

 

一見お肉に見える部位もじつは内臓の一種だった!?

 

牛タンやレバー、センマイ・・・見るからに内臓の一種だと分かる部位のほか

見分けがつきにくい場所もあります。

 

4年ほど前、赤身肉がブームになり始めた頃、焼肉店では定番の

カルビやロースに並んで“ハラミ”が徐々に注目を浴びていました。

 

カルビは食べ過ぎると胸焼けがするほど脂がたっぷり含まれているのに比べ、

ハラミは赤身肉のように見えるけど硬くなく、さっぱりと食べれることから

今では男女問わず人気のメニューのひとつと言えます。

 

赤身肉ブームの先駆け的な存在でもあるこのハラミですが

じつは赤身肉ではなく『内臓』だということは
まだあまり知られていません。

 

牛のハラミは赤身のような見た目で食感は柔らかくクセも少ないので

勘違いされがちですが肉ではなく横隔膜の筋肉です。

 

同じく人気のサガリも同じ横隔膜に分類されます。

 

そのほか

・ショクドウ(ネクタイ・ノドスジ)

・トウガラシ(肩から腕にかけての筋肉)

 

なかでも勘違いしている方が多いのがフィレ肉です。

1頭からわずか3%しかとれずサーロインやロースと並ぶ高級部位。

 

ですがあのやわらか~いフィレ肉じつは筋肉です。

 

筋肉は人間と同じく鍛えるほどに硬くなりますが、

牛のフィレは大きな身体の中で唯一、動かすことのない箇所のにあるため

筋肉量が増えません。いっさい硬くならないまま成長するので

あの柔らかさが保たれているというわけです。

 

フィレの中でも、さらに極上の柔らかさ「シャトーブリアン」

希少価値も含め目が飛び出るほどの高値で提供されていますが

シャトーブリアンが「肉ではなく筋肉の一種」なのだということを

語れる方はまだ少ないのではないでしょうか。

 

フィレは例外ですが、ほとんどの内臓系は肉と比べて安価で取引されています。

 

その内臓を赤身と言ってメニューに載せているレストランが急増していますので

どうかご注意くださいね。

 

あなたの周りのご友人や大切な方たちには

ぜひ”本当の赤身肉”をガッツリ食べさせてあげましょう。

 

赤毛和牛・短角和牛

 

当店では赤身肉として最も旨いと感じる
和牛のウチモモをすべて使用しています。

食べた翌日は体の内側から
みなぎるパワーの違いを実感できますよ!

 

 

黒毛和牛と赤毛和牛の違いとは