恵比寿の赤身肉専門
クニオミです。

 

何をしてもダルい、やる気が出ない・・・
こんなことはありませんか?

 

そんなときは赤身肉の『厚切り焼き肉パーティー』
がオススメです。

※焼肉って書いたのは塊肉が
中々入りづらいためです。

 

赤身肉を食べると翌日
目覚めがガラッとかわります。

 

『活力が腹の底から沸いてくる』
今まで経験をしたことがないレベルで…

 

そう・・・まさにスタミナ食材が赤身肉です。

 

赤身肉を食べると健康維持や活力アップ、
ダイエット効果などの嬉しい作用があります。

 

なぜ赤身肉は健康に良い効果があるのでしょうか?

 

実は“ただ美味しいから”だけではないのです。

 

栄養学的な裏付けがあるので解説をします。

 

この記事が読み終わる頃、あなたは
赤身肉の栄養博士として周りの人に
自慢できるでしょう。

 

楽しみに最後までお読みくださいね。

 

赤身肉はローカロリー!ダイエット効果の期待できる肉

「赤身肉はダイエットに最適な食材です」
とは聞いてるけど、ダイエット中に牛肉を食べるのを
迷ったことがあります。

 

本気でダイエットをすべく、食品成分表を見ても
(部位によりますが)鶏肉や豚肉よりハイカロリーです。

 

特にバラ肉やサーロインのカロリーは眩暈がするほど高く
赤身肉でもほぼトントンです。

 

牛肉は大好きなのですがダイエットのため
しばらく封印しよう・・・と決意して
魚や鶏ばかり食べてた時期があります。

 

何日経ってもピクリとも体重が減らなかったのです。

 

土日の夜に赤身肉のステーキを食べたところ
(米抜き、炭水化物抜き)
2日後からストンと体重が落ちたのです。

 

「やっぱり牛肉でもダイエットできるじゃないか!」
「成分表は当てないならないな」

と思いました。

 

その日からは冷製しゃぶしゃぶ、ローストビーフなど、
できるだけ脂を落とす食事に切り替えました。

 

ダイエットを行ったことがある人はわかると思います。

 

大好きな食べ物を食べれない辛さ。

あれほど辛いことはありません。

 

でも大好きな牛肉、しかも赤身肉でダイエットできると
分かり目標体重まで一気に落とすことができました。

 

なぜ赤身肉にダイエット効果が期待できるのでしょう。

 

牛肉にはエネルギー生産を助けるアミノ酸、カルニチンが豊富


カルニチンは脂肪をエネルギー燃焼器官
ミトコンドリアに運ぶ役目があります。

 

どれだけ運動してもカルニチンが足りないと
ダイエット効率が落ちることもあるようです。

 

「牛肉は太る」というのは半分本当で、半分ウソです。

 

赤身肉は総じてローカロリーで
脂肪燃焼効果も期待できます。

 

・(牛肉の中では)低カロリー
・エネルギー燃焼栄養素、カルニチンが豊富

 

牛肉は部位で大きくカロリーが変わります。(100gあたり)

和牛バラ…517kcal
モモ(赤身肉)…182kcal
ヒレ(赤身肉)…133kcal
ヒレ肉のカロリーは特に低いです。

 

鳥肉や魚介と変わりません。

 

予算が許すならヒレ肉、
厳しいならもも、肩肉など赤身肉がオススメです。

 

赤身肉は健康的に理想のタンパク質が摂取できる


実は金欠の学生時代(高校生)に
3か月ほどベジタリアン食を続けたことがあります。

 

肉を買う予算がなかっただけですが…

 

大好きな肉類は一切シャットアウトして
米と植物性たんぱく中心の生活です。

 

確かに体重はゴッソリ落ちました。

 

が筋肉まで落ちて貧相体型に…

 

しかも抜け毛も増えていく一方になり
気力も萎えて散々な思いをしました。

 

心配した親が焼肉屋に連れて行ってくれて
少しづつ肉食に戻したら抜け毛はピタリと治まり
筋肉も戻っていきました。

 

以前の身体に戻すのに半年もかかってしまい
食費を削るのは“二度としない!”と誓いました。

 

赤身肉はタンパク質の固まりです。

 

タンパク質は肉や魚だけでなく大豆
米など植物性もあります。

 

何でも体に良いとは限りません。

 

タンパク質には「アミノ酸スコア」
という指標があります。

 

人体に必要なアミノ酸は20種類と言われますが
食事で摂取するべき必須アミノ酸は8(または9)種類です。

 

必須アミノ酸をバランス良く含まれているかを
評価したものがアミノ酸スコアです。

 

100に近づくほどバランスが良く
赤身肉は「100」です。

 

良質なタンパク質
赤身肉を日常的に食べた方がいいですね。

 

アミノ酸の吸収にはビタミン類が必要です。

 

赤身肉を食べる前にサラダを食べると
アミノ酸の吸収を助けてくれます。

 

赤身肉と野菜はワンセット
と覚えておいて下さい。

赤身肉の亜鉛やビタミンB群でスタミナアップ

ダラダラして気力が湧かないときは
赤身肉のステーキを食べます。

 

とくに和牛の赤身肉は抜群に美味しいし
それだけでストレス発散になります。

 

良質の赤身肉を食べ続けると明らかに
スタミナが自分についているのが実感できます。

 

・寝つきが良い
・寝覚めスッキリ
・集中力が上がる
・仕事がハードでも堪えない
・身体から出るパワーを感じる

 

赤身肉は「スタミナをつける」効果が高い食材です。

 

・亜鉛(細胞分裂を促す)
・ビタミンB群(エネルギー生産を促す)

 

亜鉛はスタミナ系栄養素として有名です。

 

体内でタンパク質の合成に関わる大事な栄養素
細胞分裂を助ける働きがあります。

 

不足すると脱毛、倦怠感、味覚の低下、皮膚疾患、
爪の異常、風邪をひきやすくなる、EDなど
恐ろしい症状を引き起こすといわれてます。

 

度を超えた飲酒、ハードなスポーツでも
亜鉛は消耗します。

 

ビタミンB群、特にビタミンB12は
エネルギー生産を促す大事なミネラルです。

 

・記憶力向上
・精神安定
・貧血予防
・不眠症の改善

 

仕事のパフォーマンス向上には
欠かせない大事な栄養素です。

 

赤身肉を食べまくってスタミナアップしましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。